青竜幼稚園・青竜第二幼稚園

石川県金沢市額新町と石川県野々市市上林にある幼稚園です

  • 0000283058.jpg
  • 0000324034.jpg
  • トップバナー3

HOME ≫ 園長日記

園長日記

『思い出さがし』 232・子どものつぶやき①

子どもはジャンケンが大好きです。勝ち負けの分からない年令の子もジャンケンというと飛んで来てグーやパーやチョキを出します。そして必ず「勝った!」と叫びます。グーチョキパーのどれを出しても自分が勝ったと思う年令の子の中に、勝ち負けの分かる子が入っていると当然ジャッジをします。「○○ちゃんはグーだから負けだよ。みんなパーを出したからね。」と説明します。するとグーを出した子はパーを出して「○○やっぱりパー出すし勝ったよ。」と後出しジャンケンを認めてほしいようです。「いいよいいよ。」と認めて「じゃ、もう1回しよう。」て年令的に上の子が優しく声をかけてくれると、みんな「よーし!」とかけ声をかけて「ジャンケンポン!」と2回目が始まります。4人の子ども達は一斉にパーを出しました。そして「みんな勝ったね。」という3才児に対して月齢の高い女の子が「みんな同じだからもう1回だよ。」と分別くさく言い含めます。さっきグーを出して負けた子は、パーを出したら勝つんだと思っていたらしく「みんな同じやったらあいこでしょ!ってわけ言うんだね。」と自分の知っていることを認めてほしくて得意気に言います。「そうや、あいこでしょ!っていうこと知っとったん?3才のお誕生日になったらやっぱりすごいね。」と女の子。「ぼく、すごいやろ。3才になったんやもん。」と皆の顔をひと通り見回してジャンプをしました。それを見ていた近くでおうちごっこをしていた年長さんの女の子がつぶやきました。「何でも分かるって嬉しいことやしわかるわ。」そのしみじみとした言い方に思わず笑いが込み上げました。ーかわいいなぁー
 

コメント

モバイルサイト

青竜幼稚園モバイルサイトQRコード

青竜幼稚園モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • サイドバナー1
  • サイドバナー2
  • サイドバナー3